外壁塗装で気になるのは、塗料の価格や耐用年数だけではありません。

塗料は化学物質を含むため、やはり人体への危険性も気になりますよね。

内装を塗装するのではないとは言え、外壁塗装中に別の場所に引っ越すこともできないとなると、常に溶剤臭や塗料による人体への被害が心配になるものです。

また、家庭用塗料を使ってDIYウレタン塗装をする場合には、なおさらリスクが気になりますよね。

実際、ウレタン塗料を使った塗装の危険性はどのようなものなのでしょうか?

【ウレタン塗装の危険性】ウレタン系塗料をはじめとする合成樹脂塗料でもっとも注意してほしいのが、揮発性有機化合物です。

VOCと呼ばれるものですね。

揮発性有機化合物は、シックハウス症候群や化学物質によるアレルギーを誘発させることが指摘されています。

とくに有機溶剤を配合している油性ウレタン塗料や油変性ウレタン塗料の場合、塗装後に塗膜を形成する際に揮発性有機化合物を発生させるのが特徴です。

ひとたび、揮発性有機化合物に身体が反応してしまうと、全身のだるさや頭痛、目や喉の傷みを感じるようになり、外壁塗装工事が終了しても症状が緩和しないこともあります。

とくに硬化剤を混ぜて調合する二液型ウレタン塗料はとくに匂いが強く、敏感な人は身体の不調を感じやすいとも言われています。

しかし、最近では、塗料メーカーが研究を重ねて人体へ影響の少ない塗料を開発しています。

そのため、昔ほど塗料による被害を受ける人もなく、外壁塗装中に長時間その場にいたとしても身体の不調を感じることはほぼないと言われています。

危険性を理解しておくことは大切ですが、あまり過敏になる必要はないでしょう。

【外壁塗装による人体へのリスクを軽減させるには】現在では塗料の改良が行われ、かなり低リスクになっているとはいえ、子どもがいる人やアレルギー体質の人はやはり心配になるでしょう。

それであれば、揮発性有機化合物の配合量が少ない水性ウレタン樹脂塗料を使うのがおすすめです。

水性ウレタン樹脂塗料は水に着色料などを溶かしているため、溶剤系塗料に比べるとはるかに匂いはおだやかで、人体への危険性は低いので安心です。

また、ウレタン系などの合成樹脂塗料がどうしても心配なのであれば、自然塗料を使用するという方法もあります。

しかし、いくら自然塗料であってもまったく化学物質を含まないわけではありません。

また、施工性や耐久性が悪い上、かなり高額になるため、実際にはあまりおすすめできません。

リスク軽減のためには、水性ウレタン樹脂塗料を使用するのが一番良いでしょう。

また、どの塗料を使用するにしても、塗装期間中は簡易マスクをしておいた方が安心です。

【DIY時に気を付けること】DIYの場合は、直に塗料を使うため、塗料成分をしっかりと確認した上で、塗装時には防毒マスクや防塵マスクを着用した上で、十分に換気をすることが必要です。

事前に注意事項を詳しく塗料メーカーに確認しておくとさらに安心でしょう。

塗料の危険性は気になるとは思いますが、安全性の高い塗料を選んだり、マスクなどで防御したりすれば、大丈夫です。

どうしても心配であれば、複数種類の塗料を扱う塗装業者に相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.