外壁塗装に使わる合成塗料の中でも、とくに木材との相性が良いと言われるウレタン樹脂塗料。

そのため、住宅内のダイニングテーブルやタンスなどの家具塗装にもよく使用されます。

木材の塗装と言うと、オイル塗装も有名ですが、外壁塗装を行う場合にはどちらの方法の方が良いのでしょうか?

木材に対するウレタン塗装とオイル塗装のメリットデメリットを確認しながら違いを把握してみましょう。

【ウレタン塗料を使って木材を塗装する場合のメリット&デメリット】<メリット>木材の外壁にウレタン塗料を使用する一番のメリットは、耐久性の高さです。

ウレタン塗料は塗装物表面に厚みのある塗膜を作るため、雨などの外部刺激から木材を保護してくれます。

ウレタン塗料を使った塗装方法には、透明の塗膜を形成する「クリア仕上げ」、着色しながらも木材の風合いを残す「着色仕上げ」、しっかりと塗りつぶしてしまう「エナメル仕上げ」があります。

クリア仕上げの場合は耐候性が低いため、頻繁にメンテナンスが必要になりますが、他の塗装方法の場合はあまりメンテナンスを必要としないためとても便利です。

<デメリット>ウレタン塗料を使うデメリットは、やはり木材本来の質感を失ってしまうことです。

見た目では質感を損ねることはあまりありませんが、実際に触れたときに木材独特の手触りを感じることはできず、一般的な外壁塗装と同じ塗膜の手触りとなります。

また、木材は呼吸をしながら伸縮します。

塗膜で覆ってしまうと伸縮することができず、経年劣化による塗膜が浮き上がったり剥がれたりする可能性があります。

【オイル塗料を使って木材を塗装する場合のメリット&デメリット】<メリット>オイル塗装を施した場合、塗料は木材に浸透して保護するため、塗膜を形成することがないのがウレタン塗装との一番の違いです。

そのため、見た目はもちろんのこと、触れても木材本来の質感を得ることが可能。

木材の素材感をずっと維持したいのであれば、とてもおススメです。

また、ウレタン塗料よりも色艶の調整をしやすく、塗り重ねる回数によって好みの風合いに仕上げることが可能です。

そして、塗膜がないので木材の呼吸を妨げることはなく、表面の浮き上がりや剥がれもありません。

<デメリット>オイル塗料は非常に浸透性が高いことから塗膜を形成しませんが、このことが耐久性や耐候性、耐水性や防腐性を下げてしまう原因となります。

とくに雨に弱く、濡れ色がしっかりとついてしい、ひどい場合にはシミになることも…。

もちろん汚れにも弱く、頻繁にお手入れする必要があります。

木材の外壁塗装の場合には、ウレタン塗装とオイル塗装の特徴をしっかりと把握した上で検討しましょう。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.